ドラムを弾く際、何処を叩いても音を出す事が出来るので、弾き方にコツなんてあるの?などと思ってしまうだと言えるでしょう。ドラムでは叩く位置が決まっていると言ったわけではないでしょうが、ギター(弾けるようになる前に挫折する人も少なくないでしょう)やバイオリン(本体には、ドイツトウヒやイタヤカエデ、黒壇などの木材が使用されることが多いでしょう)と同様で、演奏する上でのちょっとしたコツみたいなものはあるかもしれませんね。例えば、スネアドラムを弾く場合、力でスティックを叩きつけるのではなく、力を抜いてストンとスティックが落ちた勢い(頭であれこれ考えるよりも流れにまかせた方がいいこともあるでしょう)で音を出す感覚がポイントになりますね。手首(ブレスレットや時計などで装飾することも多いものです)を中心にスナップを利かせてください。ハイハットシンバルの場合、左右のペダルの締め具合でも音色は変化するため、曲により調節してみて使い分けてみるのがオススメです。ベースドラムの場合、打つ際につま先にちょっと力を入れてあげると、キレの良い音色が出ます。全てにおいての弾き方のコツは、スムーズなフォーム(自己流で身につけようとすると、変な癖がついてしまいますから、指導者について教わったり、鏡や動画などでよくチェックしましょう)でドラムを弾く事が出来るようになる事です。腕や足の関節が滞りなく動く事が可能だと、美しいフォーム(どんなスポーツをするにしても、基本となるフォームをきちんと身に付けることが上達への近道だといわれています)で弾くことができるようになるでしょう。無駄な動きを出来るだけ抑え、動きに余裕を持たせて弾くようにする為には、身体の柔軟性も必要になってくるでしょう。スポーツでもみたいですが、あの美しいフォーム(プロのスポーツ選手の中には、オリジナリティ溢れる人もいますが、あまり真似しない方がいいですね)があってこそ、スバラシイ記録を出す事が出来るのです。ドラムを弾く場合でも、美しいフォーム(自己流で身につけようとすると、変な癖がついてしまいますから、指導者について教わったり、鏡や動画などでよくチェックしましょう)になるよう常に意識を集中して練習してみて下さい。ドラムを弾く前に、軽くストレッチ等を行い、身体をほぐしてあげてもいいですねー